カーテン採寸・寸法測り方 【キレイ救便】

お問合せは、こちらまで 0120-181-901お問合せフォームはこちらHOME
HOME > 最新インテリア設備 > カーテンの採寸方法

カーテン寸法の計り方、採寸方法

一般的なカーテンの適合巾
     レールの長さ(aとbの間)×約1.05(カーテンのゆとり)
縫製仕様・・・・・オーダーカーテンではそれぞれの仕様があります。
          既製品で売られている1.5倍巾、オーダー品として標準的な2倍巾、
          ゴージャスな2倍巾以上の3種類の仕様から主に分けられています。

カーテンレールのランナー(カーテンを吊るす部分)の長さ(a~b)を測りましょう。
カーテンの幅は、カーテンレールの長さで決定致します。
ランナーが動く部分の内側を測ってください(下図参照)。
カーテンを2枚かける「両開き」の場合、その半分のサイズになります。
また、カーテン本体の幅はレールの長さに3~5%を加えたサイズで作られています
※カン下での採寸方法が一般的に計りやすいと思います。
カーテンレールが取り付けてある場合、カン下での採寸をオススメ致します。
例  採寸方法⇒巾200cm 丈180cm カン下採寸の場合
■仕上り巾
(レールの長さ)×(1.05)=仕上り巾
(例)180cm×1.05=189cm
※1.05はカーテンのゆとりです。
■仕上り丈(はき出し窓の場合)
(床までの高さ)-(1cm)=仕上り丈
(例)180cm-1cm=179cm
※二重吊りの場合、レースはドレープより1cm短くします。
■仕上り丈(腰窓の場合)
(窓枠までの高さ)+(15~20cm)=仕上り丈
(例)100cm+15cm=115cm
※二重吊りの場合、レースはドレープより1cm短くします。
※出窓や窓枠の中に取り付けられる際は上記のはき出し窓を参考下さい。
※装飾レールなどはランナー間寸法よりもレール本体の長さが
 長くなりますのでご注意ください。
■ サイズの測り方
カーテンレールの採寸は市販の金属メジャーを用い、両端のキャップストップ(レールカバー)の穴を基準に測ってください。
■ 総丈とカン下
総丈とは生地全体の長さのことです。また、カン下丈とは、
ランナーの穴から生地の下までの長さを示しています。
■フックの種類と開け方
フックの種類は主に2種類(Aフック・Bフック)あります。吊り元のレールに合わせて選びます。
 カーテンの開け方は窓の形に合わせて選びましょう。タテ長の窓には、
 片開きのカーテンの方をおすすめします。
■吊り元のレールとフックの種類
■カーテンの開け方
仕上がり巾   片開き 両開き
60~100cm    ◎    ×
110~200cm   ◎    ◎
210~400cm   ×    ◎
■タッセル
標準タッセル(舟形タッセル)・・・カーテンの共生地で作成

 

 

 

住まいのコンシェルジュがいるお店

お問合せ

PAGE TOP

HOME | 施工実例 | メンテナンス | リフォーム | 最新インテリア設備 | お役立情報キレイ救便について  | 会社概要求人情報お問合せ